​GROUP

​アスタリスク

​TAKUYA

​KAWAHARA

​BIRTDAY

​CITY

​3/13

​東京都

体操競技歴11年。2012年よりサムライ・ロック・オーケストラに出演。その実績に裏打ちされたアクロバットパフォーマンスも然ることながら、強靭な肉体と並はずれたバランス感覚が織り成すハンドバランシングは圧巻の一言。高所での片手倒立を得意とし、積み重ねたローリングバランスでの逆立ちや、長縄を逆立ちのまま跳ぶなどの凄技も披露する。正に人間業とは思えない息をのむパフォーマンスの数々は、ハラハラドキドキの連続。筋肉と技で観る者を魅了する気鋭のパフォーマーで、様々なイベントやショーへ出演している。2018年キッザニア東京パフォーマンスグランプリ優勝や、静岡大道芸ワールドカップ、ON部門出演など、他にも様々な異種パフォーマンスの大会で優勝している。
2016年は自身考案の「バランシング・オブ・デス」で棒上では未だに誰も挑戦したことがない、世界最長6m以上の高度な技に挑む。また公式記録ではないがギネスワールドレコードのハンドスタンドプッシュアップ1分間の世界記録28回を余裕で超え34回という実力を持つ。今年も新しい技、演目に期待。